高額でお引取り

カードと財布

状態や材質作られた年代で決まる

楽器の買取価格は楽器の状態、使われている材質、作られた年代や作った人でほぼ決まります。一番買取価格に影響のあるのはやはり状態です。高価な楽器でも状態が悪ければ値段は一気に下がります。ギターを例に取ると、ネックが反っていたりフレットが浮いていたりするのは最も査定に響きます。使われている材質、特に木材の場合は価格査定においては重要なファクターの一つと言えます。ギターの場合は使われている木で音が決まると言われており、高価な材質ほどいい音がでると言われています。中でも最高級と言われるのがマホガニーと言われる木です。この材質で作られているギターならば年代にもよりますが、数百万円で取引されるものもあります。

時代によって変化する

楽器の買取価格はメーカーの人気も関わります。普遍的に人気のメーカーは昔から変わらないものがほとんどですが、最近になって当確を表してきたメーカーもあります。買取の査定の方法も以前と比べて変わってきました。以前は買取の店舗に持っていき査定をしてもらうのが一般的でした。最近では自宅まで来てもらって査定する出張買取や、インターネットで申し込みをして楽器を送り査定してもらう方法などかなり便利になりました。また、ギターやベースがメインだった楽器の買取ですが、最近ではドラム専門も買取店や、ギターでもエフェクター専門に取り扱っている店舗などターゲットを絞った店舗も出てきています。これらの店舗は買い物に行ってもいいものが見つかる可能性が高く、人気があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加